日本宗教文化史学会

大会・例会案内

令和4年度12月例会のお知らせ

令和4(2022)年度12月例会を以下の日程で、オンラインにて開催します。
会員の皆様のご参加をお待ちしております。

開催日の10日前頃にgooglemeetの招待メールを送付しますので、アクセスしてご参加ください。
参加申し込み・参加費は不要です。

今回は諸般の事情により、googlemeetにて開催しますので、下記参加方法を参照してください。

https://apps.google.com/intl/ja/intl/ja_ALL/meet/how-it-works/

なお、参加に際してgoogleのアカウントを作成されると円滑に接続できます(無料)。

お持ちでない場合は、下記の「アカウントを作成する」から作成してください。

https://www.google.com/intl/ja/account/about/


日時:12月11日(日)13:00~15:40 【オンライン開催】
研究発表 13:00~15:40(発表40分 質疑応答10分)

①13:00~13:50

神林 声(龍谷大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程)

「善鸞の東国下向について」

②13:50~14:40

呂 雅瓊(東京大学学際情報学府博士後期課程)

「キリシタン文献における「自由」——古狂言との比較を視野に入れて」

14:40~14:50 休憩

14:5015:40

地見 元博(兵庫県立大学地域資源マネジメント研究科博士後期課程・法華宗教学研究所研究員)

「近世中期寺院由緒についての考察」

※ 大会への参加は会員の方に限ります。ご了承ください。
※ 前年度より大会等の連絡はメールを使用していますので、メールアドレス未登録の方は学会ホームページ(CONTACT)よりお知らせください。

日本宗教文化史学会第26回大会のお知らせ

※ 終了しました。

令和4年度大会を以下の日程で実施します。会員のみなさまのご参加をお待ちしております。

Zoomによる遠隔会議で開催します。なお、今回の参加費は不要です。

ミーティングID及びパスコードは、既送の「2022年度 連絡・予告・予定」を参照してください。

日時:令和4年626日(日)13:0017:00(予定)

※ 前年度より大会等の連絡はメールを使用しますので、メールアドレス未登録の方は学会ホームページ(CONTACT)よりお知らせください。


総会    
13:00~13:30 事務局
研究発表 
13:40~15:20 (発表40分 質疑応答10分)

① 13:40~14:30

稲城正己(浄土真宗光蓮寺住職)

「『今昔物語集』本朝仏法部の経済学ー化身と往生」 

➁ 14:30~15:20

冨岡采花(京都大学大学院博士後期課程)                      

「南円堂伝来四天王立像の装飾性に関する一考察ー慶派神将像の意匠形式の変遷からー」

休憩 10分

記念講演 15:30~17:00 〔発表者の紹介等を含む〕

穂積裕昌(三重県埋蔵文化財センター)

「考古学からみた伊勢神宮ー神宮成立史の新視点ー」

 

※ 盗用・不正公開・不正配信等の研究不正防止の観点から、発表時に資料を参照し、送信・配布等は行いません。

※ Zoomの使用方法は下記のヘルプセンターを参照してください。

https://support.zoom.us/hc/ja

※ 大会への参加は会員の方に限ります。ご了承ください。

令和3年度12月例会のお知らせ

※ 終了しました。

令和3(2021)年度12月例会を以下の日程で開催します。会員の皆様のご参加をお待ちしております。

この例会はZoomによる遠隔会議で開催します。参加申し込み・参加費は不要です。
ミーティングID及びパスコードについては、既送の総会資料でご確認ください。

日時:令和3(2021)年12月12日(日)13:0015:40(予定)

研究発表 13:10~15:40(発表40分 質疑応答10分)

①13:1013:50

田中夕子(佛教大学総合研究所特別研究員)

「平安時代の修繕について」 

➁13:5014:40

高松世津子(名古屋大学人文学研究科文化人類学日本思想史博士課程)                      

「近世戒律復興 野中寺中興慈忍慧猛について」

休憩 10

③14:50~15:40
山本陽子(明星大学教授)
「長岳寺所蔵「六道十王図」における天道の所在について」


盗用・不正公開・不正配信等の研究不正防止の観点から、発表時に資料を参照し、送信・配布等は行いません。

※Zoomの使用方法は下記のヘルプセンターを参照してください。

https://support.zoom.us/hc/ja

日本宗教文化史学会第25回大会案内

※ 終了しました。

令和3年度大会を以下の日程で実施します。会員のみなさまのご参加をお待ちしております。

Zoomによる遠隔会議で開催します。なお、今回の参加費は不要です。


※やむを得ない事情により、予告と内容を一部変更しています。開始時刻に変更はありません。

 

日時:令和3627日(日)13:0016:30(予定)

 今回から大会等の連絡はメールを使用しますので、メールアドレス未登録の方は学会ホームページ(CONTACT)またはメール(monta@bukkyo-u.ac.jp)で、お知らせください。


研究発表

開会  13:00

13:00~13:10  開会にあたって         会長・事務局 

研究発表 13:1014:50(発表40分 質疑応答10分)

①13:10~14:00

鈴木堅弘(京都精華大学人文学部特別研究員)

「《久安寺縁起絵巻》と連歌師の平間長雅――資料紹介を中心に――」 

➁14:00~14:50

Avanzi Maria Carlotta(秋田県立大学総合科学教育研究センター助教)                      

「兵庫県一乗寺の銅造観音菩薩立像をめぐって――台座の文様の問題を中心として――」

休憩 10分


15:00~16:30

記念講演 

根立研介(京都大学大学院文学研究科教授)

「日本彫刻史から中世を考える」

 

※盗用・不正公開・不正配信等の研究不正防止の観点から、発表時に資料を参照し、送信・配布等は行いません。

Zoomの使用方法は下記のヘルプセンターを参照してください。

https://support.zoom.us/hc/ja

2020年9月例会

日時:9月26日(土) 午後1時30分~
会場:キャンパスプラザ京都(京都駅から徒歩約2分) 第4講義室(90名収容)

「隠元と龍渓性潜-隠元の黄檗宗開立を支援する龍渓性潜の動機を中心に-」
   名古屋大学大学院人文学研究科文化人類学専攻博士後期課程 楊 慶慶 氏

現代の比叡山浄土院十二年籠山侍真制をめぐる考察
   名古屋大学大学院人文学研究科日本思想史博士後期課程 髙松 世津子 氏

「『今昔物語集』震旦部の経済学ー死と生の贈与ー」
                    浄土真宗光蓮寺住職 稲城 正己 氏


※多数ご参加下さいとは申し上げられませんが、感染予防に充分ご留意のうえでご参加頂けましたら幸いです。
※ご参加の際には、マスク着用・手指消毒などにご協力願います。
※状況に応じて急遽中止とする場合もございます。その際は、本ホームページにてお知らせ致します。

CONTACT

日本宗教文化史学会の公式ホームページです。
大会・例会のご連絡など随時更新して参ります。

ABOUT

【事務局】
〒603-8301
京都府京都市北区紫野北花ノ坊町96
佛教大学歴史学部 堀大介研究室内
日本宗教文化史学会事務局
[TEL](075)-491-2141(代)
[MAIL] monta419@gmail.com
PAGE TOP